高齢による不妊は改善できる|原因と治療法を知ろう

3人の看護師

あきらめる必要はない

2人の医者

子供が欲しいと願う人は数多くいます。しかし人間はある程度年齢を重ねていくと子供ができにくくなってしまいます。特に近年は晩婚化が進み、結婚するときの年齢が以前と比べて高くなっています。それに伴い高齢出産をする人も増えています。しかし高齢になると若いころのように自然に妊娠できる確率が減少してしまい、なかなかできにくいでしょう。女性が年を取るにつれて子供ができにくくなる原因は、生殖機能の低下にあります。年を取ると人間の体は様々な機能が低下していき、次第に子供を作るために必要な生殖機能というものも失われてしまうのです。子供を作るために必要なのは、健康な卵巣と子宮であり精子が卵巣に到達したときに、受精を行うことのできる健康な卵子が必要となるのです。妊娠に必要な健康な卵子は30代を過ぎると年々減少してしまう傾向にあります。そのためせっかく精子が入ってきても卵子と受精することができずにそのまま体外へと流れてしまう可能性が高くなるのです。不妊で悩む人々の多くがこの高齢によるものなのです。高齢出産を成功させるためには、どのような対処をしていけばいいのでしょうか。

高齢出産をしたい場合はまず専門の病院に相談しましょう。病院では出産を成功させるための様々な治療を行っています。年を重ねると不妊体質になってしまうのはどうしても卵子の数が減ってしまうことにあります。数が少ないからといってあきらめるのはまだ早いです。妊娠するのに必要なのは質のいい卵子だからです。数は少なくても質のいい卵子が体内にあれば妊娠を成功させることができるのです。きちんと質のいい卵子を使えば子供ができる可能性が高くなるのです。自分の体内にある卵子の数を調べるには卵巣予備能検査という検査がありますが、その質まで調べることは不可能となります。そのため検査で卵子の数が少ないと診断されても、質まで把握することはできないので、気を落とさずチャレンジしてみると不妊を改善できる可能性も高くなります。高齢出産は体にかかる負担も大きくリスクも伴います。しかし、治療をすればまだチャンスは望めるのであきらめずに頑張っていくことが大事なのです。不妊で悩む人のためにしっかりサポートしてくれますので、一度相談してみるといいです。

悩める人々のための治療

看護師

子供が欲しくてもなかなかできないと悩んでいるカップルは多くいることでしょう。そんな悩みを抱える人たちのために行われているのが不妊治療です。不妊治療には一般治療と人口受精、体外受精などの方法があります。

詳しく見る

正しく検査しよう

医者と看護師

なかなか子供ができずに悩んでいる人たちはたくさんいます。そういった不妊の原因となるのは、女性側だけの問題ではなく男性側にも問題がある場合があるのです。それを調べるには病院で精子検査を受けてみることをおすすめします。

詳しく見る

改善するために検査が必要

笑顔の女性

不妊で悩める多くの人々のために行わなれているのが不妊治療です。不妊治療は20代で2以上子供ができない人や30代になって半年以上できない人などが行うと効果のある治療なのです。最初に様々な検査を受けてから治療に臨むと良いでしょう。

詳しく見る